任意売却~ペアローンを組んで購入した物件は離婚後に売るべきか~ |大阪府枚方市で不動産の買取・売却ならスマイリンクへ

大阪枚方市で不動産の買取・売却|株式会社スマイリンク

0728450525

※GW・夏季・年末年始は除く

※事前予約で早朝・夜間の相談も可能

〒573-0031 大阪府枚方市岡本町2-1

お問い合わせ

売却査定・売却相談

賃貸をお探しの方はこちら

お問い合わせ

売却査定・売却相談

コラム

任意売却~ペアローンを組んで購入した物件は離婚後に売るべきか~ 

コラム

2021.05.27

「ペアローン」という言葉を今まで耳にしたり目にしたことはありますか?一般的に一人の名義でローンを組む場合に対し、ペアローンとは複数の債務者によってローンの契約を結ぶことをさします。ペアローンを組む事例としては、夫婦でマイホームを購入する場合です。もちろん夫名義のみで組むこともできますし、妻名義でローンを組むこともできます。ですがその二つ以外に、夫婦の名義で住宅ローンを組むこともできるのです。

ですが、ペアローンで組むが故の弊害もあります。それは万が一離婚となった場合です。マイホームを購入したあとに、離婚により手放す人も少なくありません。どちらかがそのまま家に住む場合もあれば、どちらも住まいを移る場合もあるので、その際にペアで組んだローンをどうするかが問題になってきます。そんなときに使われる売却方法として「任意売却」があげられます。

任意売却にはいい面も悪い面もあるので、今回はどちらの側面も知り、比較検討したうえで任意売却にするのかを考えていただければと思います。

 

離婚後に任意売却を選択してペアローンを組んだマイホームを売却するメリット

ペアローンを組んで購入した物件を任意売却を使って売却した場合のメリットは大きく二点あります。ひとつは、離婚してからその家に住む必要がなくなること、ふたつめはぺローンがなくなるので、煩わしさから逃れられるという点です。

離婚してからも一定数同居している人もいますが、基本的には別の暮らしをスタートされる方がほとんどです。離婚後にどちらかが出る、もしくはどちらも家を出る場合でも、売却をしない限り、ローンが残っている限りはどこかのタイミングでまた顔を合わせないといけないことがでてきます。離婚後すっきりとした気持ちで再スタートするためにも、例えローンが残っていたとしても売却をしてしまった方が、心理的にも負担が軽くなるかもしれません。また、金銭的な面でも離婚後にペアローンが残ったままだと、新生活にかかる費用の工面が難しくなってしまいます。心理的にも金銭的にも離婚のタイミングで任意売却をして物件を手放すほうがいいのかもしれません。ですが、夫婦には夫婦の考えがあるので、関係性や将来性を見据えてよく相談したうえで決めていくのが一番いいと思います。

 

離婚後に任意売却を選択してペアローンを組んだマイホームを売却するデメリット

では反対に、ペアローンを組んでいる物件を任意売却することによるデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。こちらも大きく二点あります。ひとつめは任意売却をしてしまうともちろん住む家がなくなるという点。そしてもう一つは売却したとしてもローンがまだまだ残っている場合はマイナスになって金銭的に負担がかかってしまうという点です。

離婚後、マイホームを離れてお互いが住む場所を確保できる場合もありますが、どちらかが家に残る場合もあります。また子供がいる場合は妻と子供だけ家に残る場合や、夫と子供のみが家に残る場合もあるでしょう。売却してしまうと住むところがなくなってしまうので、離婚後も住み続けたい場合は注意が必要です。また、ローンを組んで念願のマイホームを手にした後すぐに離婚するパターンもあります。この場合、ローンの返済が全然進んでいないので、多額のローンが残った状態となります。任意売却をしたとしても、返済金額を考えるとマイナスになるなんてことももちろんあるのです。ローンがまだまだ残っている場合、もし売却をしてもまだ残債が残る場合は、その支払いをどうするのか、話し合う必要があります。

 

任意売却にはメリットもありますが、同時にデメリットもある売却方法です。ローンの残債の状況や離婚後の生活などを総合的に判断したうえで、売却するのかしないのかを決める必要があります。

 

 

pagetop

pagetop