土地を分割して売却:メリット・デメリットについて|大阪府枚方市で不動産の買取・売却ならスマイリンクへ

大阪枚方市で不動産の買取・売却|株式会社スマイリンク

0728450525

※GW・夏季・年末年始は除く

※事前予約で早朝・夜間の相談も可能

〒573-0031 大阪府枚方市岡本町2-1

お問い合わせ

売却査定・売却相談

賃貸をお探しの方はこちら

お問い合わせ

売却査定・売却相談

お役立ち情報

土地を分割して売却:メリット・デメリットについて

お役立ち情報

2021.02.11

所有している広い土地を売却するときに、分割して売却することができるということはご存知でしょうか。分割で売却する場合と、一括で売却する場合、どのようなメリット・デメリットがあるのかを知っておくことで、売却の際に役立てることができます。

土地を分割して売却するとは

広い土地を所有している場合、なかなか買い手が見つからない場合があります。そういった場合は分割して売却することができます。もし分割して売却しようと思った場合、売りに出す前に、まずしなければならないことが「分筆」という手続きです。分筆は読んで字のごとく、筆を分かつと書きますが、土地はそもそも1筆という単位で数えられます。なので、固定資産税もこの1筆ごとにかかってくることになります。売却したあとに行う登記の手続きの際に分泌をしていないとややこしくなるので、まずはこの分筆の手続きをしてから販売します。この手続きにおいて、申請書で境界画定測量、境界標設置などが必要になってきます。また、分筆をして販売する場合には、建築基準法で決められた接道義務を守らないと、そもそも建物を建てることができないという場合もあるので注意が必要です。

分割すると何かいいことがあるの?

広い土地を売却する場合、分割して売るという選択肢があります。これは買い手を早く見つけるためです。なぜなら、広い土地はそれだけ価格が高くなってしまうので、なかなか一般的に手を出しにくいという点があります。もちろん1筆として売れる場合もありますが、あまりにも広い場合は分割してから売ったほうがより早く買取希望者がみつかる傾向があります。また、分筆の手続きをしておくことで、不動産会社が買い取ってくれる場合もあります。

分割のデメリットは?

上記にあげた分割することのメリットの他に、もちろんデメリットも存在します。一つに、先程も述べたような分筆するうえで必要な手続きなどがあります。申請するうえで必要な書類を集めて提出しなければならないため、少し煩雑な部分はあります。境界を設置する場合でも、隣人の立会が必要だったりするので、売却するうえで時間もお金もかかってきます。一般的に分筆をする上で必要な費用として30~50万円くらいかかってくるので、それを加味したうえで分筆するかどうかを考えていきましょう。不動産業者に仲介してもらうにしても、仲介手数料が売れた数分必要になると思うので、其れ相応に資金が必要になるでしょう。

pagetop

pagetop