マンション相続:固定資産税はいくらかかるの?|大阪府枚方市で不動産の買取・売却ならスマイリンクへ

大阪枚方市で不動産の買取・売却|株式会社スマイリンク

0728450525

※GW・夏季・年末年始は除く

※事前予約で早朝・夜間の相談も可能

〒573-0031 大阪府枚方市岡本町2-1

お問い合わせ

売却査定・売却相談

賃貸をお探しの方はこちら

お問い合わせ

売却査定・売却相談

コラム

マンション相続:固定資産税はいくらかかるの?

コラム

2021.02.08

両親からマンションを相続した場合、固定資産税はどのくらいかかってくるのでしょうか。毎年かかってくる固定資産税の目安と節約可能なのかどうかを含め、今回はマンション相続における固定資産税についてお伝えしたいとおもいます。

そもそも固定資産税って何?

固定資産税とは、不動産を所有している人に対して課税される税金で、毎年1月1日時点で所有している場合にかかってきます。固定資産税は、土地と建物それぞれに課税される税金で、それぞれについて評価額を算定して課税額が決まってきます。また、固定資産税の計算方法は、標準税率が固定資産税評価額の1.4%と定められています。ですが、軽減税率の適用や、財政などによって税額が変動するので、マンションの所在地によって変わってきます。

何基準で固定資産税は決まるの?

マンションの固定資産税に関していうと、マンションの部屋を何室所有しているのか、所有者にあてられている土地がどのくらいあるのか、それぞれに課税されるので、固定資産膳評価額と地域による税率で決まってきます。部屋に関しては、建物全体の評価額が築年数や設備・構造等により算出され、また延べ床面積によって全体の何パーセントを占めているかによりその割合いの負担が決まります。土地についても同様で、全体の土地のうち、延べ床面積に基づいた割合で負担するのが一般的な基準となります。土地の価値に関していえば、固定資産税の「路線価図」というものを用いて計算する事になっていますので、その土地の地価が反映されているのがその特徴といえます。

固定資産税の節約は可能?

それでは、毎年かかってくるマンションの固定資産税。節約することは実際に可能なのでしょうか。結論から言いますと、節約することは可能です。それは固定資産税の計算方法が誤っている可能性があるからです。具体的に、固定資産税はその土地や建物の評価額によって決まりますが、不当にその評価額が高くなっている可能性もあります。そういった場合は、査定を受けたうえで比較し、正当な評価額になっているかを確認します。もしも評価額が誤っていた場合は、減額してもらうことができるため、少しでも節約する事ができるかもしれません。自宅に届く納税通知書や課税明細を確認してみて、適正な価格になっているか確認してみましょう。

 

固定資産税は不動産を所有している限りずっとかかってくる税金です。知識を少しでも蓄えておくことで、毎年の必要経費を減らすことができるかもしれません。

 

pagetop

pagetop