不動産相続 何からするべき?|大阪府枚方市で不動産の買取・売却ならスマイリンクへ

大阪枚方市で不動産の買取・売却|株式会社スマイリンク

0728450525

※GW・夏季・年末年始は除く

※事前予約で早朝・夜間の相談も可能

〒573-0031 大阪府枚方市岡本町2-1

お問い合わせ

売却査定・売却相談

賃貸をお探しの方はこちら

お問い合わせ

売却査定・売却相談

お役立ち情報

不動産相続 何からするべき?

お役立ち情報

2020.08.03

家族が亡くなった後に、不動産が残っていた場合、どのような手順で相続を行うのでしょうか。不動産相続の手続きを自分でしようと思うと、かなりの時間と労力を使うことになります。専門的な知識が豊富な人に相続を依頼することで、スムーズに不動産を相続することができます。今回は、不動産相続のスタート段階、その流れや相談する場所などについてお伝えしたいと思います。

不動産を相続することになったら

被相続人が亡くなったら、まず最初に相続する財産があるのかを確認する作業が必要です。ある程度の財産を把握できたら、次に遺言があるかどうかを確認します。一般的に相続財産がある場合、法定相続人それぞれに対して遺産分割をします。ですが、もし遺言がある場合は一般的な相続とは異なり、遺言書に記されている内容に従って相続がなされます。もし遺言書がなかった場合「遺産分割協議」によって財産の分配を行います。不動産相続の場合は相続登記というものが必要になります。土地や建物には所有者がいるので、それを相続する人の名義に変更する必要があります。無事に相続登記がなされたら、今度は相続税が必要かどうかの判断を行います。(相続税は必ずかかるわけではありません。相続財産の合計額がもし上限額を超える場合にかかるものです。もし計算をして相続税が必要となった場合は、申告を行って相続税を納付します。

不動産相続に必要なもの

土地や建物などの不動産を相続するにはこの不動産評価証明書が必要です。不動産の評価額がはっきりしないと、相続人たちに対して公平に相続することができないため、まずはこの証明書を用意しましょう。不動産評価証明書が手に入ったら、次に『遺産分割協議書』を用意します。遺産分割協議書とは、相続人全員が合意したことを示す証明書で、これがないと相続の手続きをすすめていくことができません。また、遺産分割協議書と一緒に用意してもらいたいのが相続人の関係性を証明する相続関係説明図と戸籍謄本です。相続されるかどうかは、法定相続人に該当するか否かになるので、これらの内容に従って判断することになります。これらの必要書類以外にも、印鑑証明や住民票、相続登記を行う際に必要となる登記申請書、また株式や証券がある場合は、それを払い戻すために必要な申請書類も必要になります。

相続の悩み、相談は誰に任せたらいい?

不動産相続はいくつもの手順があり、必要書類も多いので、その道のプロである司法書士や弁護士、税理士・行政書士などに任せた方がスムーズに行えます。誰に依頼するかは、どの部分を対応してもらいたいかによって変わってきます。不動産の登記に関する手続きは、司法書士が専門なので、そこを任せたい場合は司法書士へ、またトラブルなく遺産分割協議を行いたいのであれば、司法書士ではなく弁護士が専門になるので、そちらに相談するのがいいでしょう。お金に関することは税理士が専門なので、不動産評価額に関することや相続税に関することであれば、税理士に相談したほうがいいでしょう。それぞれに専門性が異なるので、何を誰に任せるのか、あらかじめ明白に決めておきましょう。

pagetop

pagetop