空家を活用したいけど、何から始めればいいの?|大阪府枚方市で不動産の買取・売却ならスマイリンクへ

大阪枚方市で不動産の買取・売却|株式会社スマイリンク

0728450525

※GW・夏季・年末年始は除く

※事前予約で早朝・夜間の相談も可能

〒573-0031 大阪府枚方市岡本町2-1

お問い合わせ

売却査定・売却相談

賃貸をお探しの方はこちら

お問い合わせ

売却査定・売却相談

お役立ち情報

空家を活用したいけど、何から始めればいいの?

お役立ち情報

2020.06.18

現在、大きな問題となっているのが「空き家問題」です。少子高齢化に伴い、全国的に空家が増加傾向にあります。空家のまま放置しておくと、環境面や近隣とのトラブルなど、多方面で問題が発生する恐れがあるため、空家の所有者は責任をもって空家を活用する必要があります。現在国や地方自治体において、それぞれ空き家対策なども打ち出しているので、自分の住む自治体がどのような空き家対策を行っているかを知ることもまた大切です。

近年増加し続ける「空き家問題」とは一体なに?

テレビや新聞、様々なメディアを通して、「空き家問題」という言葉をしばしば目にすると思います。空家でイメージするのは、古びた戸建という人もいるかもしれませんが、戸建住宅はもちろん、分譲マンションなどで住人が長期的に不在にしている場合もあります。こういった、人が住んでいない空家を放置しておくことで様々な社会問題を引き起こす可能性があります。
全住宅に占める空家の割合は年々増えてきており、2013年においては13.5%まで達しています。一方2033年にはおおよそ30%が空家になるのではないかとも予測されています。住む人のいない家では、害虫が発生したり経年劣化により倒壊や破損などが起こったり、周囲環境の悪化の原因になるなど、いろいろな問題が発生します。手入れのされていない空家があることで、近隣の不動産の資産価値を低下させてしまう可能性もあるので、所有者はいま一度空家の有効活用が必要となります。

空き家の活用方法とは

空き家問題が起こる原因は、空家が十分に活用されていないためです。
空家になる理由は様々ですが、入院しているため家をあけている、仕事の都合で家をあける期間が長い、別荘として所有している・・・等ありますが、どちらにしても人が住んでいないため、住居以外の有効な活用をすることが必要になります。割と広めの戸建であれば、シェアハウスなどで賃貸に出すこともできますし、地域にはよりますが、民泊などとして有効活用することもできます。そのままにしておくよりも有効に活用することで、所有者にも入居者にも双方メリットがあるといえるでしょう。

貸し出せない場合はどうする?

賃貸にだす他に建物を取り壊して更地にしてしまう、という方法もあります。そうすれば倒壊の危険性もありませんし、周囲環境に悪影響を及ぼす心配もありません。ただ、更地にすることはメリットもありますが、同時にデメリットもあります。それは、課税額の負担が大幅にアップしてしまう点です。住宅を取り壊して更地にした場合、固定資産税の優遇措置を受ける事ができなくなります。また解体や撤去にかかる工事費用も負担しなければならない為、金銭的な負担が重くなります。更地にする場合でも、出来るだけ早く土地を売りに出し、買い手を見つける事で少しでも負担を軽くすることができるでしょう。また、自治体によっては独自の条例を制定し、解体費用を補助してくれるところもあります。まずは所有する土地の自治体のホームページなどを見て、どのような空き家対策を行っているのか調べてみましょう。賃貸に出すのか、はたまた解体して更地にしてしまうのか、双方のメリット・デメリットを考えたうえで土地の有効活用を行いましょう。

空き家の有効活用

空家を所有していると、環境面や近隣トラブルなど、様々な問題に直面する恐れがあります。それを防ぐためには、リフォームして賃貸として貸し出したり、家を売却、または取り壊して更地にする、などの有効活用をすることが必要になってきます。期間や金銭など、諸条件を加味し、どの選択が最良なのかを見極める事はとても労力が必要なことです。自治体に相談したり、売却や空家の有効活用をしている不動産業者に相談してみたり、まずは聞いてみるのはいかかでしょうか。当社では不動産売却はもちろん、空き家の相談も承っております。まずは一度お気軽にご連絡ください!

pagetop

pagetop