家の売却は離婚の前後どちら?期間や売却方法を解説|大阪府枚方市で不動産の買取・売却ならスマイリンクへ

大阪枚方市で不動産の買取・売却|株式会社スマイリンク

0728450525

※GW・夏季・年末年始は除く

※事前予約で早朝・夜間の相談も可能

〒573-0031 大阪府枚方市岡本町2-1

お問い合わせ

売却査定・売却相談

賃貸をお探しの方はこちら

お問い合わせ

売却査定・売却相談

お役立ち情報

家の売却は離婚の前後どちら?期間や売却方法を解説

お役立ち情報

2020.04.30

離婚の際に家の売却を選択する夫婦は少なくありません。
夫婦の住居だった家も、夫婦が離婚して別々の人生を歩む場合は不要です。
離婚後に夫婦の片方がそのまま住む予定でもなければ「売却しよう」という結論に達することでしょう。
離婚に際して家を売却する夫婦は非常に多いといえます。

離婚するときに家を売却する場合、離婚の前と後、どちらに売却すべきなのでしょう。
また、家を売却するときにどのくらいの期間を見ればいいのでしょうか。
離婚のときの家の売却期間やタイミング、注意点について解説します。

家を売却するなら離婚の前と後どっち?

離婚するときに家を売却するなら、離婚前と離婚後のどちらがいいのでしょう。
この疑問の答えは「ケースバイケース」です。

たとえば、家に住宅ローンが残っていたとします。
住宅ローンは離婚しても支払い義務が残るため、離婚後に家や住宅ローンをどうするか考えなければいけません。

離婚するにあたって住宅ローンをしっかり片づけたい場合は「任意売却」という不動産売却方法で、家を売却しつつ住宅ローンの精算をすることが可能です。
家に住宅ローンなどが残っていて任意売却で解決したいという場合は、離婚前後どちらでも特に問題ありません。

メリットやデメリット、スケジュールを比較して決めることになります。
不動産会社と話し合い、離婚とのスケジュール調整などを進めながら任意売却を進めることも方法のひとつです。必要な手続きなども確認しながら、不動産会社と任意売却をするより良いタイミングを模索することが重要になります。

家に住宅ローンが残っていない。あるいは、住宅ローンをすでに完済している。
このような場合は、「贈与」に注意する必要があります。
離婚届提出前に「家そのもの」や「家の売却金」などを分けてしまうと、贈与に該当する可能性があるのです。
贈与に該当すると、贈与税が課税されてしまいます。
税金面や離婚のスケジュールなどを確認しながら、不動産会社と売却計画を練ることをおすすめします。

離婚で家を売りたい!売却方法は?

離婚のときに使える家の売却方法は主に3つです。

1.通常の家の売却
2.買取による家の売却
3.任意売却

・通常の家の売却

媒介や仲介と呼ばれる家の売却方法です。
買主になる第三者を不動産会社によるサポートで見つけ、売却するのがこの方法になります。
一般的によく使われている不動産売却方法です。

・買取による家の売却

買取とは、不動産会社に家を買ってもらう方法です。
買主になる第三者を見つける必要がないため、迅速な家の売却が可能です。

・任意売却

任意売却は住宅ローンが残っている家にも使える売却方法です。
離婚するときに住宅ローンが残っている場合は、住宅ローン返済分に任意売却の売却金を充当する方法がよく使われます。

離婚時に家を売却するときの期間は?

離婚時に家の売却が完了するまでの期間は、売却方法によって異なります。

・通常の家の売却

仲介による家の売却では、買主になる第三者を見つけなければ家の売却が進みません。
買主が見つかってから売却が完了するまでの期間は、平均3~6カ月だといわれています。
買い手がなかなか見つからない場合は、売却までさらに期間を要する可能性があります。

・買取による家の売却

買取による家の売却完了までの期間は、最短で1週間程度が目安になっています。
不動産会社が買主になるため、売却完了までの期間が極めて短くなっているのです。

・任意売却

任意売却が完了するまでの期間はケースにより異なるため注意が必要です。
たとえば債権者(金融機関など)との任意売却後の残債分割払い額の交渉が難航したとします。
債権者との交渉が難航すればその分だけ売却完了まで期間が必要です。
売却の進め方や交渉については、不動産会社と相談の上入念にスケジューリングすることが基本になります。
売却完了までの期間の希望があれば、先に不動産会社へ伝えておくといいでしょう。

最後に

離婚のときは、「家をどうするか」や「住宅ローンをどのように解決するか」が問題になります。

家を売却する場合は、家の状況を踏まえてタイミングをよく考えることが重要です。
売却までの期間は方法によって異なります。
事前に不動産会社へ相談の上で綿密なスケジュールを立てておくことも重要です。

離婚の際の不動産売却や住宅ローン問題の解決は、スマイリンクへお気軽にご相談ください。

pagetop

pagetop