実家を相続することに… 管理等はどうすれば良い?|大阪府枚方市で不動産の買取・売却ならスマイリンクへ

大阪枚方市で不動産の買取・売却|株式会社スマイリンク

0728450525

※GW・夏季・年末年始は除く

※事前予約で早朝・夜間の相談も可能

〒573-0031 大阪府枚方市岡本町2-1

お問い合わせ

売却査定・売却相談

賃貸をお探しの方はこちら

お問い合わせ

売却査定・売却相談

コラム

実家を相続することに… 管理等はどうすれば良い?

コラム

2019.11.25

親が亡くなった時には、それまで親が住んでいた実家などの不動産に対して相続が発生することになります。しかし実家にそのまま移り住むのでなければ、家屋が空き家となってしまい、管理が必要になってくるでしょう。

この記事では、相続した実家の管理について解説しました。

実家を相続する際の流れ

始めに実家の相続の流れについてですが、まずは亡くなった方が所有していた実家の土地や建物を、誰が相続するかについての話し合い(協議)をしていきます。この協議は原則として相続人全員で行われ、実家の名義を誰にするのかをはっきりさせるのです。 これを「遺産分割協議」といい、話がまとまると「遺産分割協議書」を作成していきます。またこの協議書には、相続人全員の署名と実印の押印が必要です。

その後遺産分割協議書の決定に従って、実家の名義書き換えを行います。相続登記申請書を作成し、必要な添付書類を揃えて法務局へ提出していきますが、登記申請をする法務局は相続した不動産所在地を管轄している法務局となっているのです。こうした一連の作業によって、実家の相続手続きが完了します。

実家に人は住んでいる?管理の仕方

人の住まない家屋は、どうしても傷んでしまいます。景観や衛生面にも問題が起きやすくトラブルにも繋がって、近所の住民に迷惑をかける可能性もあるのです。相続した実家に住んでいないのであれば、管理のために月に1、2度通って窓を開けて部屋の空気を入れ替えたり、郵便物の整理や庭の掃除をしたりする必要が出てくるでしょう。こうして定期的に実家の状態を確認することで、建物の老朽化などを早い段階でチェックすることもできるのです。

その他にも固定資産税や都市計画税の支払い、火災保険の加入などの事務手続きが必要となってきます。

無人の場合は業者に管理を委託できる?

何らかの理由で相続した実家を直接管理できない場合には、誰かが代わって空き家管理をする必要が出てきます。こうした空き家管理の需要は年々高くなっており、それに呼応して空き家管理事業に参入する会社も増えているのです。

例えばとにかく低コストでの管理を希望するならば、低価格で管理してくれるサービスがあります。しかしこの場合の基本サービスに含まれる内容はかなり少なく、自分で出来るところは自分で、できない部分を依頼するという形となっているのです。ただしオプションで必要な項目を追加することも可能となっています。

もちろんもっと踏み込んだサービスを提供している管理会社も存在しており、例えば防犯対策重視でホームセキュリティが付けられるオプションサービスもあります。状況に応じて、必要な管理方式を選択していきましょう。

実家の相続に関するまとめ

実家の相続は、相続人全員で「遺産分割協議」を行い「遺産分割協議書」を作成します。その後相続登記申請書を作成して、添付書類とともに法務局へと提出するのです。

また相続した実家に住まないのであれば、自分で管理をしていくか管理会社に委託するかのどちらかになるでしょう。

pagetop

pagetop