目途はどれくらい?家を売る為に必要な期間|大阪府枚方市で不動産の買取・売却ならスマイリンクへ

大阪枚方市で不動産の買取・売却|株式会社スマイリンク

0728450525

※GW・夏季・年末年始は除く

※事前予約で早朝・夜間の相談も可能

〒573-0031 大阪府枚方市岡本町2-1

お問い合わせ

売却査定・売却相談

賃貸をお探しの方はこちら

お問い合わせ

売却査定・売却相談

コラム

目途はどれくらい?家を売る為に必要な期間

コラム

2019.10.28

家を売る必要ができたときには買い手が見つかって現金を手に入れられるまでにどれくらいの期間がかかるのかがわかっていると便利です。売るのには労力もかかるので、売却に適した時期についても把握しておくと役に立ちます。

家を売る際の流れはどんなもの?

家を売るときにはまずは売りたい家の相場情報を集めて大まかな販売価格を確認するのが最初の段階です。相場を掴んだ上で不動産業者に相談して仲介を依頼します。すると業者は販売価格を確定するための情報を得るために査定をするのが通例です。そして、売りたい家の査定価格を算出した後、相談して売買価格を決めた上で媒介契約を結びます。この契約によって不動産業者は販売活動を行ってくれることになり、買い手が見つかったら条件交渉をして売買契約を結ぶというのが基本的な流れです。契約で定めた期日に家の引渡しと決済が行われて取引は終わりになります。

家を売る際の平均期間はどれくらい?

家を売る際にかかる期間はケースバイケースであり、平均期間として知られているのが不動産業者と媒介契約を締結してから売買契約が成立するまで二ヶ月から三ヶ月程度というものです。概ね三ヶ月後には買い手が確定すると見越して売却活動を始めると予定よりは早く売れる可能性があります。実際には一ヶ月以内に売れる場合もあれば、半年以上かかるケースもあるので気をつけなければなりません。また、引渡しが契約してからかなり先になるケースも多く、引渡しと決済が完了するまでにかかる期間は半年程度になるのが平均的です。それも考慮して早めに売却活動を始めるのが賢明と言えます。

売れやすい時期と売れにくい時期はある?

家は通年で需要があるのでどの時期に売却活動を始めても全く売れないというわけではありませんが、売れやすさは時期によってやや違いがあります。買い手の立場に立って考えてみるとわかりやすく、お金に余裕ができて時間的にも余力があるときに家の購入を検討する人が増えるのが一般的です。夏や冬のボーナス時期は家を買うタイミングとして適切と考えている人は多く、その少し前から売却活動を始めると売れやすい傾向があります。また、年度末から年度明けに向けて就職や異動なども多いため、年度が切り替わるタイミングも比較的売れやすいでしょう。

家を売る期間まとめ

家を売るには買い手を探さなければならないことから、売買契約をするまでに三ヶ月程度、引渡しまでには半年程度かかってしまうのが平均的になっています。ボーナス時期や年度末などの売れやすい時期を狙って売却活動をするのは賢い方法です。

pagetop

pagetop